リサーチ

分析手法別:コレスポンデンス分析

  • ブランドイメージや商品評価を問う調査では、マトリクス設問(例えば表頭に評価項目、表側にブランド名)がよく利用されます。その集計データを基に、ブランドと質問項目との相関関係をビジュアルに表現できる手法がコレスポンデンス分析です。
  • 通常、多変量解析では対象者ごとの原データを使用します。それに対してコレスポンデンス分析は、集計済みのデータを使用します。
  • コレスポンデンス分析では、類似した項目を近くに配置し、類似していない項目は遠くに配置するという計算が行われます。計算結果は2軸あるいは3軸のマップ(散布図)で表現します。マップ上にプロットした点同士の距離を見ることによって、関係の強弱を感覚的に把握することができます。
  • また、マップを作成する際は、横軸と縦軸のスケールを同一にしておく必要があります。コレスポンデンス分析によってプロットされた項目間の関係は距離で示されますので、どちらかの軸が縮小されていたりすると、関係を見誤る可能性があります。
Copyright © 2017 株式会社綜研情報工芸. All Rights Reserved.