リサーチ

調査手法別:会場調査

調査会場付近の通行人に調査協力を依頼する方法と、対象者条件に合う人を事前に招集し調査会場で調査を行う方法があります。

*商品やパッケージ、香りや味、CMなどの実物を呈示して、印象評価を調査できる。
競合他社商品との比較評価が可能なことも魅力。

当社の特長

これまでの豊富な経験による企画提案と精度の高い実査を運営
会場テストに精通したスタッフがコントロールします。
調査の目的に即したレイアウトを提案いたします。
味や香りなどのセンシティブな感覚評価を的確に行います。
事前呼集により、課題に即したターゲットによる調査を実施
強力なリクルーター組織による事前呼集で、課題に即したターゲットの意見や評価を集めます。
街頭リクルートでも、スクリーニングを徹底して選別された対象者を集めます。

一般的なスケジュール【回収サンプル数:150サンプル/報告書:30頁程度】

調査設計 3日 企画書を作成し、提出いたします。
実施決定から
実施までの期間
実施日までに街頭リクルートは10日以上、事前呼集は15日以上の期間が望ましい。
調査内容検討 6日 会場設定・調査票案作成・集計計画作成・報告書形態の検討等を行います。
対象者事前呼集の場合の設定期間 10~14日 街頭での対象者設定ではなく、事前に調査課題に即した対象者を設定します。
調査票印刷
呈示品の準備
1日 調査票の印刷や呈示品の装丁、パーテーション・ボード等の準備をします。
調査期間 3日 対象者の属性により、曜日(平日のみ、土日)や場所(都心会場、郊外会場)などを選び実施されます。
入力データチェック 2日 調査票を入力し、異常なデータを取り除いたクリアなデータのみ有効データとして使用します。
クロス集計 2~3日 集計案に基づきデータを集計をし、速報を作成します。
多変量解析 オプション 内容によりますが、数値計算よりも、結果の解釈がポイントです。
レポート作成 10~12日 グラフ作成・分析・コメント・まとめ等を作成します。
平行して、自由回答の整理や編集を行います。
報告書を作成しご提出致します。内容修正には相応の日時が必要です。
おおよその企画から報告までの期間 30日前後
Copyright © 2017 株式会社綜研情報工芸. All Rights Reserved.